254日目『霧中』 北海道斜里郡斜里町~

おはようございます!

昨日は知床のウトロにある、国営のキャンプ場での宿泊でした。

環境的にはかなりいい場所ではあるんですが、やけに寒くて深夜に何度も目が覚めてしまいました。流石知床は違いますね。眠いです(笑)

さて、朝にブログ更新しましたが、その後もしばらくのんびり。9時ぐらいから片付けを開始しました。

出発は結局10時です。

しかし、少し雨が降っています…どうしたものか。

とりあえず、本日最初の目的地は近いので、移動してから考えることにします。

知床自然センター(北海道斜里郡斜里町)

知床の奥地に踏み込んできました。

こちらの知床自然センターは更に更に奥地と、羅臼方面への分岐点にある施設になります。

中では食事を取れたり、散策用のアウトドアグッズなんかを販売していたり、あとは知床の紹介映像を見ることができます(有料)

休憩所としても悪くない場所なので、しばらくここで待機して空の状況を見ていましたが、あまり変化はないですね…。

霧雨のようなものがずっと降っているので迷いましたが、とりあえず少し移動します。

移動と言っても徒歩になります。こちらのセンターの裏からの遊歩道を歩きます。

全長は往復でも2kmぐらいとのことなので、まあちょっと行ってみましょう。

…なんか、熊の目撃情報多い気がしますね(汗)

こんな道を歩いてきます。

あー、これは熊出そうだわー。

フレペの滝(北海道斜里郡斜里町)

で、15分ほど歩いて滝へ到着。

展望台(?)があるので、そこから覗いてみると…

あ、滝が見えました!

でもなんていうか、はっきり言って、滝はおまけですねこれ!

この絶壁を含めた景観のほうが素晴らしいと思います。

少し歩くだけでこの景色が見れるなら十分じゃないかなと思います。

帰り道、道のあちこちにエゾジカがいました。まさに野生の王国。

そして自然センターに戻った後なんですが、やっぱり雨は止まない…というか、少し強くなっていないかな?

とりあえずしょうがないので、しばし中の椅子で休憩。いつの間にかちょっと寝てました(笑)

時刻は12時半、雨が弱くなったところでまた移動をします。

知床五湖パークサービスセンター(北海道斜里郡斜里町)

知床の奥地方面へ進み、知床五湖も見ておこうとやってきました。

ここに着くまでにだいぶ雨脚が強くなってきていて、ここで退避&食事もしようと思って来たんですが…

駐車料金が200円かかります! と入り口で言われたのでUターンして戻りました(笑)

引き返します!

本当は、更に奥地のカムイワッカ湯の滝というものも見に行こうかと思っていたんですが、なんか勢いも削がれてしまったし、雨だし、不整地道路を10km進まないと行けないとのことなので取りやめ! 原付きじゃキツイっすよ…。

道の駅うとろ・シリエトク(北海道斜里郡斜里町)

結局、昨日も来ていた道の駅まで退避しました。

全身びしょびしょで、ガタガタ震えながら休みます。寒いよぉ…。

服が乾き、雨も上がった14時過ぎ。空は厚い雲に覆われています。

もう一泊同じキャンプ場で宿泊しようか迷っていたんですが、そこに進行方向からやってきたライダーさんが。話を聞くと、細かい雨が降っているけど行けるいける! とのこと。

よし、行ってみましょう!

とりあえずレインコートを着て進んでみることにしました。

知床峠(北海道目梨郡羅臼町)

山を登り、知床峠までやってきました!

ここまで、視界10mぐらいの霧の中を進んできましたが、まあこれぐらいなら…。

そしてここは、景観が素晴らしいと評判で…

何も見えねぇ。

まあ、当然と言えば当然ですね…。

仕方がないのでそのまま羅臼側に降りていきますが、これが曲者でした。

霧が羅臼側の方が濃いんですよ。こちらは視界3mレベル。そして下り坂で、急カーブ多し。路面も濡れているし…恐怖でした。たぶん、後半戦の旅で一番怖かったです。

ノロノロと進んでいき、なんとか山を突破したときには全身びっしょりで体は冷え切っていました。知床峠は晴れの時に進みましょうね!(涙)

熊の湯(北海道目梨郡羅臼町)

山を超えてすぐのところに、北海道ライダーには超有名な熊の湯という無料の野湯が存在します。

体も冷え切っていますし、ちょっとここに寄っていくことにしましょう。

この橋を渡った先に温泉があるんですが、人がかなり居たので写真は撮れませんでした。

綺麗に整備された温泉で、白濁した素晴らしいお湯です。温度がかなり熱いので長く入っているのは大変ですが、何度も出たり入ったり繰り返しながら体を温めました。

この場所、女湯は別れていて囲いがちゃんとありますし、下水も整備されているようで石鹸も使うことができるようです。

地元の人もたくさん訪れていて、大人気です。まあ、このレベルの温泉に無料で入れるなら、毎日でも通うよね…。

さて、充分に温まったところで16時。

本日の宿ですが、この野湯のすぐ横に有料のキャンプ場があるのでそちらに宿泊する予定ですが、買い出しも兼ねてちょっと先に進みます。

道の駅 知床・らうす(北海道目梨郡羅臼町)

羅臼の道の駅です。駐車場があまり広くないので、車中泊の人が居ると混み合うみたいですね。

物産は二箇所に分かれていて、こちらはお菓子や乾物などがメイン。

名物は羅臼昆布ですね。昆布茶とかあったのでちょっと飲ませてもらいましたが美味しかったです。

こちらは海産物メインの方。このお店の前を通りがかったら、店のおっちゃんが声をかけてきて

蟹!

雲丹!

と、試食をバンバンくれました! 美味しかったです!

さて、一通り見て回ったところで買い出しに。近くのスーパーとセイコーマートを覗いてから、キャンプ場へ戻ります。

知床国立公園羅臼温泉野営場(北海道目梨郡羅臼町)

こちらも国営のキャンプ場で、料金は300円。

広くて水場もトイレも綺麗ですし、携帯の電波もバッチリ入って非常に過ごしやすいです。前は無料だったそうですが、あまりにも酷いキャンプ客が集団で長期滞在していたようで、有料に成ったとか…。

テントはどこに張ってもいいそうですが、とりあえず枠内の砂利の場所にしました。別に芝生のところでもいいそうですが。

バイクは横付けできませんが、猫車を借りることができるのであまり苦になりませんね。

さて、これで準備は完了。まだ細かい雨が降っていますが、まあ浸水することはないと思います…。

テントの中で夕食です。本日もセイコーマートの格安飲みです!

ペペロンチーノとカルボナーラで、450円の安い赤ワイン(笑)

前回のものと違ってこちらはカベルネソーヴィニヨンになります。甘味はあまりないですがすっきりとしていていいです。こちらも500円以下ワインとは思えないなぁ。

他にキャンプ客も1組しかおらず、非常に静かです。

ゆっくりと食事をした後は、だいぶ早いですがもう寝てしまうことにしました。まだ20時前なんですが眠くて(笑)

というわけで本日は以上です。

やっぱり雨だとイマイチですね。無料で屋根があるところに泊まれるなら移動しないで停滞したいところです。

明日の天気は晴れとのことなので、明日頑張って移動したいと思います!

では、おやすみなさい!

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

宜しければ、ブログランキングのクリックをお願いします!

広告の下あたりにあります!

↓↓↓↓↓↓

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

移動距離

本日の移動距離 …… 71km

累計移動距離 ……… 26991km

経費精算

★食費ルール★

1.1日の食費は1500円とする。

2.1500円まで使わず残った場合は積立として保管する。

3.保管した積立は食費に自由に使って良いこととする(豪華な食事をとれます)

20190613 食費 朝食 菓子パン ¥0
昼食 セイコーマート 焼きうどん・惣菜パン ¥238
夕食 セイコーマート ペペロンチーノ+カルボナーラ+赤ワイン ¥686
その他 クリームパン(明日朝食) ¥108
合計 ¥1,032
積立残 ¥30,748
宿泊費 国設羅臼温泉キャンプ場 ¥300    
交通費 ガソリン代 ¥443    
日計 ¥1,775
6月計 ¥23,246
総合計 ¥764,032

created by Rinker
業務用昆布・いりこ専門店 ㈱坂昆
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)


■■■ ↓↓↓ ランキング参加してます!! ↓↓↓ ■■■


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

シェアする

フォローする