ガスバーナーに風防を求めるのは間違っているだろうか。

キャンプをしていくにあたって、最低限お湯ぐらいは沸かしたいですよね。

お湯さえあれば、コーヒーだって飲めるし、ラーメンだって作れます。

もうそれだけで勝ったようなものです(?)

ということで、お湯を沸かせる道具を購入しました。

買ったのはコレ!

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー

こんなかんじの箱で届きました。この時点で小さい!

箱の中はこれだけですね。

またまた出番があったA5ファイルによる比較。コンパクトですね、ほんと。

稼働テスト

さて、ではカセットガスを用意して、テストしてみましょう。

せっかくなので、アルミテーブルの上でやってみます。

置く場所と足をちょっと回転させるだけですぐできます。10秒ぐらいですかね。

カセットガスをセットして…

点火!

おおー、ナイスファイア! 稼働は問題なさそうですね。

さて、今は室内でテストしたわけですが、実際に野外で使うとなると

かなり風の影響を受けるそうです。

そこで登場するのが風防です。ウィンドスクリーンともいいますね。

↓こういうのです

風除板 ウインドスクリーン

値段も安いし買ってしまってもいいかな…とも思ったんですが。

あれ、これってアレでいいんじゃないかな…?

 ダイソー100円ショッピング

はい、ということで用意したのはこちら!

ダイソーで売っている、ガスコンロ用ガード(108円(税込み))です。

これを展開するだけで…

あ~いいっすねぇ!

あ、でもこれだと強風が吹いてくると飛んでしまいそうです。

ちょっとだけ加工しましょう。

こんなかんじで、折り目部分を半分までハサミで切ります。

あとは折り曲げて…こうだっ!

ちょっと写真わかりにくい!

でもこれで、自重で飛ばないようになりました。

鍋(ダイソーで216円(税込))を載せるとこんなかんじですね。

高い風防とクッカーとか買わなくてもこれでラーメンはつくれそうです。

なんかかっこ悪いですが、まあ使えるならいいかな?

とりあえず、これでやってみて駄目だったらアウトドアショップに飛び込んで

ちゃんとしたの買うようにします(笑)

以上、本日はここまででした!

出発まで残り…12日

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

☆ ランキング参加してみました ☆

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ