【ダイソー ウィンドスクリーン】って実際どうなの?

前回からの続きとして、ダイソーで売っているキャンプギアについてです。

最近は100円ショップでもアウトドア用品が置いてありますが、ダイソーは値段は高くなるけど結構良い物置いてあったりするんですよね。

その中で特に目を付けていたのがこちらです!

アルミ風よけ(コンロ用)

もうちょっとネーミングはなんとかならなかったのでしょうか?(笑)

いや、確かにそのままなんですが…。

ウィンドスクリーン、僕は今までコンロの油除けのアルミを使っていました。ぺらっぺらでした(笑)

キャンプをしていくにあたって、最低限お湯ぐらいは沸かしたいですよね。 お湯さえあれば、コーヒーだって飲めるし、ラーメンだって作れます。...

これですね。

まあ、一応役目は果たしていることにはいたんですが…やっぱり使っていると、ちゃんとしたウィンドスクリーンが欲しい! って気分になります。いやほんと。

あと、野外調理するなら風防は必須です。マストアイテムです。絶対いります。

風あると本当に炎が安定しないので、絶対必要なアイテムじゃないかなぁと思います。

まあ、そんなわけでしっかりしたものが欲しかったわけですが…これが意外とお高い

ものすっごい安い中国製のスクリーンもあるにはあるんですが、本当に切り出しただけという形の板でバミもすごいとのこと。

更に今の時期は中国から輸入とか止まってますので、手に入るのはいつになるのか…。

そんな時にこちら、ダイソーで売っているウィンドスクリーンですよ!

お値段なんと、税込み550円!

ダイソーにしては高いですが、ウィンドスクリーンとしては破格の値段です。

これ、本当に大丈夫…? ってちょっと心配になりますよね。僕もなりました(笑)

ということで、中身をチェックしていこうと思います。

まず箱から取り出すと、袋に入った形で収納されていました。

この袋もまあそれほど悪い物でもなさそうです。ぴったりマッチしていますし、このまま十分使えそうでした。

そして取り出すと…おお! なかなかかっこいいですね!

この青い金属が……うん、青?

あ、これ保護シートですね!

なるほど、これがあるので購入時は傷なんかはなさそうです。

あと、バミなんかもほとんど見当たらないので、なかなか奇麗に切断されているようでした。

思いっきりメイドインチャイナのシールが貼ってあるのがちょっと気になりますが(笑)

まあ、安い商品ならこれは仕方がないですね。品質が良ければそれでいいのです。

ではまず、この青いシートを剥がします。

剥がし…剥がし……

メッチャめんどくさいぞコレ!

一枚一枚がぴったり張り付いているうえに、つなぎ目の部分も巻き込んでいるのでかなり気を使って剥がさないとビニールが内部に残ります。

一面取るのに5~10分ぐらいかかります…。

つまり、8面×2(表裏)×5分で、80分…1時間半ぐらいかかります。

め、めんどくせぇぇぇぇぇ!!

これ、なんとかして、ダイソーさん!

休憩をはさみつつ何とか全部撤去してすっぴんになりました。

本当に手間をかけさせやがって…いやもう、2個目はやりたくないです(涙)

まあ手間はかかりましたが、コンロを置いてみるとこうなります。

アルミ製で軽いですし、質感もいいです。

550円でコレなら十分にアリな商品じゃないかなと思いますよ!

間違いなく、今まで使っていたコンロの油除けよりはいいと思います(笑)

使っているコンロがボンベと一体型なので、ちょっと使い勝手が悪いかもしれませんが、今回の旅では十分に活躍してくれるかなと思います。

ということで、ダイソーで売っている550円のウィンドスクリーンですが、僕が見た所、間違いなく「アリ」な商品だと思います。

もし購入を迷っている方がいらっしゃったら、GOしてもいいと思いますよ!

ただし、保護シートを剥がすのは本当に大変なので、それだけ覚悟しておいてください(笑)

以上、ダイソーキャンプギアについてでした!

出発まで残り…29日

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)


■■■ ↓↓↓ ランキング参加してます!! ↓↓↓ ■■■


にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

シェアする

フォローする