43日目『接合』 徳島県海部郡美浜町~

おはようございます!

本日は道の駅なので、5時半起床、6時ちょっと過ぎには撤収が完了しています。

やはり、道の駅は安心感がありますね。山奥に一人でキャンプは、野生動物がかなり怖いので…。

すぐ近くにあったコンビニでパンを買って食べ、よし出発と思ったんですが。

昨日のエキスパートの方がコーヒーを御馳走したくれたので、飲みながら話していたら7時過ぎてしまいました(笑)

まあ、まだまだ早い時間ですし、急いでもしょうがないので全く問題ありません!

さあ、では改めて本日も出発です!

徳島県海部郡牟岐町

早朝の海岸沿いの道を気持ちよく走っていました。

ふと、荷物が気になって一度止まって確認をしたんです。

荷物の鍵も問題なし。よし、と再出発しようとしました。

しました、

キャリアが折れてる!!(別の場所)

ちょうど前回折れた場所の反対側の位置ですね。

やはり負荷がかかっていたようです。

このままでは他にも影響が出かねません。

どこかで急いで修理しないと非常にまずいです。

とりあえず、こちらもビニールテープで固定だけはしておきます。

徳島県海部郡海陽町(谷崎自動車整備工場)

そのまま辺りを見回しながら走っていくと、自動車整備工場があったので飛び込んで溶接できないか聞いてみました。

結果、オーケーが出たのでくっつけてもらいました!

荷物下ろすのが大変だったので、そのままやってもらいました。

非常に手間だったと思いますが、助かりました。ありがとうございました!

さあ、これで心配は無くなりました。

気持ちよくまた、山道へ行くことができます!(笑)

徳島県海部郡海陽町(轟九十九滝)

なんか、滅びた古代遺跡みたいですね(笑)

さっそく携帯の電波が届かない山の中へ行ってきました。

途中の道はやはりかなり狭かったり、苔が生えていたりと、気をつけないと危ない道です。

しかし、着いてみるとこれがなかなかいい場所です。

まず、神社があったので参拝しておきます。

ほとんど参拝客がいないようです。

かなりあちこちボロボロで、整備も行き届いていませんでした。

次にに向かいます。

もう、蜘蛛の巣を何度も被りながらになりました(笑)

霧状に飛沫が飛んできて、少し寒いです。

これは夏だと気持ちよさそうですね。

荒魂鎮座となっているので、おそらく洪水等がよく起こっていたんでしょうか?

水量も多い滝ですから、大雨が降ると危ないのかもしれません。

しばらくあたりの写真を撮って引き返したんですが、この上にさらに滝があるようでした。

かなり上の方だったので今回は行っていませんが、そちらも機会があれば行ってみるのも良いかもしれません。

さて、それでは戻りましょう。また同じ道を通って!(山道怖い

高知県室戸市(室戸世界ジオパークセンター)

さて、山を降りて海沿いに走ると、ついに高知県に入りました!

そのままずーーーっと南下していき、まず到着したのが室戸世界ジオパークセンターになります。

ここは無料で見れるとのことだったので、とりあえずちょっと寄ってみました。

中は…うん、かなりお金かけてます。映像・画像・3Dまで色々と揃えていて、室戸のことについて、わかりやすいように展示されてますね!

でも面白くないですね!(笑)

それを証明するかのように、他にお客は一人しかいませんでした。

もうちょっとこう、なんとかがんばってください(笑)

あ、でもお土産のところを覗いたら、これが試食できたんですが美味しかったです。

買おうかちょっと迷いました。(買ってない

だいたい、30分ぐらい見て、次へ出発です。

高知県室戸市(室戸岬)

はい、室戸岬です!

なにもないですね(笑)

展望台があったので登ってみるぐらいでしょうか…。

うん、景色は確かに良かったです!

高知県室戸市(紅茶・カリ― シットロト)

さて、今日のメインイベントです。

ここは読者の方から情報を教えてもらっていた店になります。

なんでも、チーズケーキと紅茶がおいしいとか。どちらも好物です!

あと、お腹が空いているのでカレーも一緒に食べようかと思います。

店の中はこじんまりとしてますが、いい雰囲気です。

テーブル席でご年配のお嬢様方が女子会らしきものをされていますね。

さて、メニューを見てみましょう。

ふむふむ。カレーとケーキと紅茶となると、セットが良さそうです。

御満悦セットにして、カレーはAの辛口カレーにしてみます。

紅茶は最初ヌワラエリヤディンブラにしようかと思ってましたが、シッキムというのは飲んだことがなかったのでそれを注文してみました。

待つことしばし…まずはサラダです。

全体にさっぱりした薄味のドレッシングがかかっていました。

素材の組み合わせのバランスがいいかんじで、あっという間に食べてしまいました。

そしてカレー

サフランライスに干しぶどうが乗ってます。

カレーは大きな骨付き肉が2個、ごろりと入っていました。

食べてみると…辛い! これは辛い美味い

口の中がヒリヒリするぐらい辛いですが、しっかり美味しかったです。この店カレーも当たりじゃないですか。

ちょっと骨付き肉が食べにくかったですが、これも完食。

口の中を戻すために水を追加でもらって、さあ目的のデザートと紅茶ですね!

ベイクドチーズケーキと紅茶になります。

ケーキはずっしり詰まっているんですが、かなり滑らかです。確かにこれはアリです!

そして紅茶のシッキムです。

ダージリンぽいという説明でしたが、僕はアッサムに近い気がしました。ほのかな甘味がして、ゆっくり飲んでいたのに、1杯目はすぐ無くなってしまいました(笑)

紅茶専門店でも、まっずい紅茶出すところもあるんですが、この店は美味しいですね。エグみもなく、すっきりと香りがでていました

紅茶はティーポットで、カップ約2杯半ぐらいでしょうか。

この値段でこれなら、近場にあれば通うレベルでした。

うん、大満足です!

本日の食事の予算は軽くオーバーしましたが、全く後悔はありません!

情報を教えていただいて感謝ですね!

結局、紅茶を飲みながら、15時過ぎまでのんびり読書してました(笑)

高知県安芸郡(道の駅 田野駅屋)

さて、本日の宿泊予定の道の駅に着きました…が。

かなり小さな道の駅で、目の前が交通量が多い道路、横がコンビニ、更に反対側はドラッグストア、裏側は線路、屋根がある場所は燕が巣をつくっていて糞が(笑)

これはきついので、予定を変更してもう一つ先の道の駅に行ってみましょう。

高知県安芸市(道の駅 大山)

ほんの10分ぐらいで着きました。

この道の駅なんですが、新しくバイパスができたせいで…。

そんなわけで、かなり静かです。

営業時間も17時までに短縮されていました…。

閉店後、しばらく経ってから目立たない場所にテントを設置しました。

今、この中でブログ書いてますが、本日は風もなく波の音も穏やかなのでゆっくり眠れそうです。

昨日のブログで、道の駅で許可をもらう、ということを書きました。

しかし、エキスパートの人とも話したんですがそもそも道の駅に宿泊すること自体がグレーな行為です。

なので、許可をもらうというのはおかしい話だよね、ということになりました。

やはり、人が居なくなり、暗くなってからこっそりが正しいみたいです(笑)

当然、禁止されていない場所に限りますけどね!

(まあ、許可をもらうのもいいですが、こっそりやりましょう。おおっぴらにする事じゃないですね)

さて、そんなわけで本日も終了の時刻となりました。

明日の天気は晴れの予定ですので、観光しながら先に進んでいこうと思います。

ではでは皆様、おやすみなさい!

移動距離

本日の移動距離 …… 183km

累計移動距離 ……… 4621km

経費精算

20180412 食費 朝食 コンビニ パン ¥225
昼食 シットロト 御満悦セット(サラダ+カレー+チーズケーキ+紅茶) ¥1,600
夕食 ピーナッツ+マルチビタミン ¥0
合計 ¥1,825
積立残 ¥15,254
整備費 溶接代 ¥2,000    
日計 ¥3,825
4月計 ¥33,369
総合計 ¥118,639
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

☆ ランキング参加してみました ☆

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

『43日目『接合』 徳島県海部郡美浜町~』へのコメント

  1. 名前:ウクレレおやじ 投稿日:2018/04/12(木) 22:15:15 ID:22749d997 返信

    野宿は散々経験してきましたが、私の結論は、「日本の中で誰のものでもない土地は無い」ということです。つまり、泊まらせていただく限りは、必ず何らかのペイが必要だということです。そのペイがご挨拶なのか、お礼なのか、金銭なのかはケースバイケースですが、少なくとも「こっそり」は、精神衛生上大変宜しくないなと。決して悪いことしてるわけではないのですから、「ペイして堂々」が私の主義です。漫画喫茶も健康ランドも同じことですよね(笑)ピース。

    • 名前:静村 投稿日:2018/04/12(木) 22:38:23 ID:8f6808cd0 返信

      うーん、難しいところかなというのが正直なところです。
      道の駅に野宿は、どちらかといえば「悪いこと」になると思うんですよ。良いことではないかなと。
      それを「見逃してもらってる」という形になるので、堂々とするのも違うのかな、という気もしています。
      この問題は非常に難しいので、最終的には個人個人の主義、考え方でどうするか決めるのしか無いかもしれません。
      もちろん、堂々と許可をもらうのも、こっそりするのも、自己責任の上で、そして迷惑にならないようにしっかり考えて行動するのは最低限必要ですが。
      少なくとも、僕はブログでこうやって広く公布できてしまっているので、許可をもらいましょう、と言っては駄目なんだという考えになりました。
      今後、僕は許可をもらうかもしれません、こっそりするかもしれません。でも、そのどちらもはっきりと明言するのは止めようと思います。
      なんか微妙な返答になってしまってすいません(笑)

  2. 名前:ウクレレおやじ 投稿日:2018/04/13(金) 18:20:41 ID:21e63c712 返信

    なるほど、ごめんなさい。私は野宿一般の話をしておりました。道の駅には、被災地のお手伝いで仮設テント村になったところ以外では泊まったことが無いもので・・。確かに道の駅での宿泊はモラルを問われるグレーゾーンですし、許可を公言すべきでもありませんよね。賢明なご判断と思います。
    この件に係る一番の問題は、我が国のキャンプグラウンドの少なさと貧弱さ、それに高すぎる価格設定だと思っています。
    ワンコイン程度で最低テント泊ができて、金銭的ペイに見合うプラスのサービスが整っているキャンプグラウンドがあれば、誰でも「堂々」になれるんですけどね。ピース。

    • 名前:静村 投稿日:2018/04/13(金) 20:43:28 ID:f4b9b460f 返信

      私も不用意な発言をしたと反省しています。なかなか難しいですね、本当に。
      しかし、キャンプ場の件はまさに痛感しています。
      一泊3,000円のキャンプ場なんかは、使うならちゃんと宿泊まりますよ、って思っちゃいます(笑)
      レジャーとしてのキャンプならそれでもいいと思いますが、旅だと使いにくいですよね。
      個人的には、無料キャンプ場がもっと増えてくれると一番ありがたいです(笑)