44日目『龍竜』 高知県安芸市~

おはようございます!

本日は道の駅での起床でした。

朝の5時の時点で数人のお爺さん達が集まりワイワイ騒ぎ出していたため、予定より早く目が覚めてしまいましたが(笑)

道の駅ですので、そんなこともありますね。

そのまま片付けをして、6時半ぐらいには積み込みも終わって出発…といったところで、キャンピングカーで車中泊をしていたご夫婦に話しかけられました。

この出発前の一休みのタイミング、よく話しかけられますね。

ご夫婦は、旦那さんが定年後で、今回は徒歩でお遍路、奥さんがキャンピングカーを運転してサポートだそうです。

鹿児島の方だそうですが、なんでも、桜前線と一緒に北上して、北海道で夏を過ごして、紅葉とともに降りてくるそうです。いい生活ですね(笑)

さて、話している間に7時過ぎてしまいましたので、そろそろ出発します!

またどこかでお会いしましょう、と、ご夫婦と別れてバイクを走らせるのでした。

高知県安芸市(伊尾木洞)

まあ、最初の目的地は5分もかからない場所なんですが(笑)

国道のすぐ横に、こんな洞窟ができています。

短い洞窟なんですが、ここを抜けると…

こだまの森かな?

なんて考えてしまうような、緑の空間が広がっていました。

ここは、シダ類の国定保護区域だそうで、小川沿いにこんな道がずっと続いています。

奥の小さな滝まで400mほどだそうなので、とりあえず往復してきました。

何回も小川を横断したり(飛び石があるので)、登ったり降りたりしながら進むことになります。おそらく、子供でも問題ないかとは思いますが、運動靴じゃないと厳しい道ですね。

年中気温が一定だそうなので、夏場は特に良さそうですね。

朝方だったのもあって、なかなか気持ちよく、いい散歩になりました。

高知県香美市(龍河洞)

さあ、次は高知でも屈指の有名観光地、龍河洞です。

この階段の手前には、お土産屋が立ち並び、階段横にはエスカレーターが設置されているぐらいの観光地です(笑)

1100円もする高い入場料を払い(姫路城より高い!)早速入ってみましょう!

まず、この鍾乳洞はカラフルなライトアップはされていません。なので、純粋に石の形を楽しむだけの場所になります。

次に、あちこちにケーブル類があるので、写真を取れば映り込むし、見ていて邪魔です。

そして、道がかなり狭い場所が多く、低い場所も多く、急な階段が長く続きます。

あとで現地の人と話した際に「あそこはもう過去の場所だよ」と言っていましたが、うん、たしかにこれは厳しいですね。

先日、井倉洞に行ったのも影響しているかもしれません。あちらのほうが完全に上だと思います。

個人的にはそれなりに楽しめましたが、一度行った人が二度目に来ることは無いんじゃないですかね。

あ、でも、帰り道(これも長くてつまらない道なんですが)の途中にある、珍鳥センターは、かなり面白いと思いました。洞窟よりこっちのほうが面白かったです(笑)

バイクに戻る途中、お土産屋で暇そうにしている店の人から、あいすくりんを買ってみました。一応食べておこうかと!

あ、これは結構美味しいです。乳成分が少ない軽い味で、駄菓子屋で売ってそうなアイスの味ですね。かなり好きです(笑)

サクッと食べて次の場所に向かいます。

次の場所は、かなり離れているので行くか迷ったんですが、

まあ、天気もいいですし、軽いツーリング気分で行ってみました。

高知県南国市(地主神社)

はい。

軽い気持ちで行っては駄目な道でした…。

たぶん、四国に入って一番酷い道でした。

何が酷いって、道が陥没してボッコボコに穴が開いているのに修復されていません。

さらに、ぐにゃぐにゃと細く曲がりくねった道なんですが、カーブミラーが無い場所があちこちに…。

かなり怖いです。車でもバイクでも、通るのは大変だと思います。

さて、そんな道をなんとか通り抜けて、目的地に到着しました。

ここ、地主神社は観光ガイド等では別の名前で掲載されています。

桑の川の鳥居杉

二本の木の枝が連結していて、鳥居のようになっています。

ただそれだけなんです。

それだけなんですが。

なぜかわからないんですが、見た瞬間に感動が襲いかかってきました。

理由はさっぱりわからないです。

酷い道で来るのは本当に大変ですが、来る価値はありました

しかし、帰るのにまたあの道通るのか…(沈鬱)

高知県南国市(道の駅 南国風良里)

はい、頑張って降りてきましたよ!

帰りは別ルートを見つけたので、そちらから降りてきました。まだマシでした(笑)

流石に疲れたので道の駅で休憩です。

お腹も減ったので、何か食べようかとウロウロしていると、

お、これも名物なんですよね!

ということで食べてみました。

うん、パンですね。

パンでした。以上。

高知県高知市(高知新港)

休憩後、海沿いの道に戻って先に進んでいると、なにやら大きな船が目に入ってきました。

思わず近くまで見に行ってみました。

でかーい! 説明不要!(いやしますが)

ここで写真を撮っていたら、地元のおじさんに話しかけられて、前からも撮れることを教えてもらいました。

ちゃんと、見学者用の駐車場がありました(笑)

他にも写真を撮っている人がそこそこいますね。

さっきのおじさんが説明してくれましたが、中国あたりからの観光客を乗せてきているそうです。おそらく14万トン級だとか。

ちょうど今日のお昼ぐらいに到着したようで、駐車場には観光バスが沢山来ていました。

地元だけではバスが足りないようで、四国中から集めているとか。

うーん、大きな船はいいですね。

いつかこんなのに乗って旅もしてみたいですね。

高知県高知市(桂浜)

日本の夜明けぜよー、ということで坂本竜馬像で有名な桂浜にやってきました。

逆光で写真が撮れません。後光がさしています(笑)

ここは景勝地としても有名なので少し散策もしてみました。

しかし、観光客が多いですね…。

まあ、さっきのバスが次々とやってきていますし、当然なんですが。

ここは海が綺麗というよりは、浜が綺麗です。

地元の方々の努力で保たれているのがよくわかります。

浜の先端には竜頭岬があり、そこには神社があったので参拝もしてきました。

龍王宮。

うん、なんていうか、土佐って龍好きですね(笑)

のんびり散策しているともう16時です。はやいなぁ。

本日の宿泊場所に移動しましょう。

高知県高知市(種崎千松公園)

桂浜からほど近い場所にある公園です。

かなり広いですね。ここも無料キャンプ場となっています。

見ると、既に数箇所でテントが張られていました。

僕もぐるっと一通り見て回ってからテントを設置します。

バイクの乗り入れができないので、駐車場から近い場所で…

こんなかんじです。

屋根がある場所にしようかと思ったんですが、ちょっと距離があったので。

そちらなら雨の日でも大丈夫そうでした。

テント設置後は夕食の買い物に出ましたが、すぐ近くにコンビニも、大型のスーパーもあって大変便利です。

高知では定番の野宿場所らしいですが、なるほど納得ですね。

ただし、夏は虫がかなりでるそうです。今の時期はそれほどでもなかったので助かりました。

さて、では本日はこれまでです。

実は夕食後、このブログを書く前に力尽きて寝てしまって、起きてから書いてます(笑)

まだ朝になっていないからセーフ!(笑)

明日は午後から雨のようですので、それまでに一通り回ってしまう予定です。

ではまた明日お会いしましょう!

移動距離

本日の移動距離 …… 139km

累計移動距離 ……… 4760km

経費精算

20180413 食費 朝食 無し ¥0
昼食 帽子パンプレーン ¥124
夕食 割引弁当+本麒麟 ¥502
他 スポーツドリンク ¥98
他 メロンパン(明日朝食) ¥92
他 アイスクリン(バニラ) ¥100
合計 ¥916
積立残 ¥15,838
交通費 ガソリン代 ¥530    
観光費 龍河洞 ¥1,100    
交通費 桂浜駐車料金 ¥50    
日計 ¥2,596
4月計 ¥35,965
総合計 ¥121,235

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

☆ ランキング参加してみました ☆

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ