事前準備:寝具2

睡眠の安らぎは 等しく訪れよう

睡眠は重要です。

寝ることができないと、判断能力も思考能力も全て低下します。

快適に眠ることはバイク事故を防止する上でも必須と言っても過言ではありません。

というかですね、しっかり寝たいじゃないですか!

寝袋の種類は3つ

大きく分けてになりますが、寝袋(シュラフ(ドイツ語らしいです))は

3パターンに別れます。

1.封筒型

2.マミー型

3.人型

封筒型は、上から下まで横幅が等間隔のまさに封筒、という形のものです。

これは、中での自由度が高いので寝やすいのですが、

その代わり空間が開くので熱が逃げやすいようです。

次にマミー型。これは足元が細くなっている形です。

当然、動きにくいため慣れるまで寝にくいそうですが、

その代わり密着するのでかなり温かいようです。

また、細くなっている分だけ収納時にもコンパクトになりやすいようです。

3つめの人型。

これは、もうそのままですね。着る寝袋! ということで着たまま動けます。

悪くないんじゃないかという気もしますが、保温性は上2つに比べてだいぶ下がるようです。

これほしいんですけど

モンベル(mont-bell) ダウンハガー900#1

予算に上限がなければ、まちがいなくこれ一択です。

実際にモンベルストアまで行って見てきたんですが、軽い薄い暖かい!

そして、高い!

流石にちょっと手がでません。

モンベルの寝袋はどれも非常に高品質で、何より、伸縮性が高くて寝やすいんです。

ということで、多少妥協しましょう。

手早く撤収できるのも利点

今回の旅は春夏秋の3シーズンのため、最低気温も0度程度で大丈夫のはず! たぶん!

どうせ真夏の時期は下に敷くだけになりますしね。

ダウン製品のほうが軽くてコンパクトなんですが、その分高いですし、

実は収納するのにちょっと手間がかかるようです。

そこで選んだのはこちら。

mont-bell モンベル バロウバッグ #3

軽い、収納がしやすい、最低気温も1度となっています。

素材もダウンではなく化学繊維なので収納時も比較的簡単。

収納時のサイズは流石に大きくなりますが、まあ許容範囲。

値段は流石に激安製品のものより高いですが、改定な睡眠のためなら…!

激安製品を使い捨てにする、という手もあったんですが、

流石に旅行中に買い替えが難しそうだったのでこれでいってみます。

ということで、これもポチってしまいましょう!

届いたらレビューします!

以上、本日はここまで!

出発まで残り…32日

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

☆ ランキング参加してみました ☆

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ